*

メディアリテラシー

公開日: : その他

メディアリテラシーとはメディアから送り出される情報を批判的に読み取り、メディアがどのような現実を構成しているか理解するメディア受容能力。メディア機器を自らのものとし使いこなす能力をメディア使用能力。メディアを用いて表現して使いこなすメディア表現能力の3つの考え方である。
第1次情報革命とは一定の集団で言葉を生み出してお互いに話すことで情報の共有と交換が発達した。第2次情報革命では文字の発明により記録され遠くに離れた場所に運ばれて外部記憶された。第3次情報革命ではそれまで1つ1つ書き記し、書写したり、模写していたのが、印刷技術が広範に普及し、同一の情報が大量生産できるようになったことである。主なメディアはラジオやテレビなどである。第4次情報革命は現在のデジタルネット革命であり、主なメディアは記憶装置、演算装置、制御装置からなるコンピューターである。
マルチメディアとは文字、音、静止画、動画等の多様な表現形態を、デジタル技術を用いて統合し情報を効果的に表現する伝達媒体またはその手段である。複数のメディア、デジタル、双方向性である。
メディアのユビキタス社会について「いつでも、どこにでもある」というユビキタスネットワークの中で、自己責任によって個人が個人の欲望に応じて主体的に行動機会の増えるモナド化と、誰もが遊牧民の気分を味わえるノマド化の進展がある。

Sponsored Link



関連記事

原理主義

原理主義には世界を覆う宗教間対立から混迷をもたらしている二重人格な宗教の性質がある。 イスラー

記事を読む

グーテンベルク

グーテンベルク 第1次世界大戦後のインフレーションを初めとするドイツ経済の動向が企業にさまざまな問

記事を読む

マーケティングリテラシー

マーケティングリテラシーとは市場の情報を創造的に活用する能力であり、その中で例えばエクセレントカンパ

記事を読む

徳川社会から学ぶ事

1、はじめに 徳川時代の変化から現在まで続いている制度を考えていきます。近世商人の三井や住友か

記事を読む

ニクリッシュ

ニクリッシュ 1910年代ドイツ商科大学で工業と商業の構築が活発であり、ニクリッシュは商業の概念と

記事を読む

シュマーレンバッハ

シュマーレンバッハ 私経済学の課題として経済的価値の可能な限り少ない消費によって経済的成果を獲得す

記事を読む

同類婚

同類婚の高学歴化が近年上昇してるようです。   まず「同類婚とは」 女性

記事を読む

ボーイスカウト減少

ボーイスカウトとは、主に小学校5年生の9月から中学校3年生までの少年少女を対象として活動する部門。

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link



意外なものが調理器具に

みかんの入ってるネットやペットボトルなど一度使ったものを再利用して調理

フォローマティックXY レポート 1ヶ月目

フォロマティクXYを使ってみた感想です。 https://www

高速道路誤進入 ナビアプリ

ナビアプリで誤誘導された若年層の歩行者や自転車などが高速道路に誤って進

口内炎 対処法

デリケートな口の中にできてなかなか治らない上に食事も苦痛な時間に変えて

高速 シャワー NEXCO中日本 NEXCO西日本 まとめ

高速のシャワーがあるサービスエリアとパーキングエリアのまとめです。随時

→もっと見る

PAGE TOP ↑