*

遊戯王デュエルリンクス マスターオブOZデッキ 周回デッキ

公開日: : 最終更新日:2017/10/21 遊戯王

遊戯王DuelLinksのデュエルワールドに出現するモブデュエリストや名もなき決闘者のオート周回デッキの紹介です。

このデッキの良いところはカードトレーダーとカードBox「カオス・コンプライアンス」でそろうことです。
なので始めたばかりの人に組みやすいデッキになってます。
また手札事故も少なくモブデュエリストのレベルが上がっても高い勝率をほこること、決着が速いため勝ち負けがすぐに着くので忙しい人でも少しの空き時間で鍵集めができるポイントです。

 

 

 

このマスターオブオージーデッキのキーカードの紹介です。
「マスターオブOZ」と「デス・カンガルー」と「ビッグ・コアラ」と「融合」と「融合呪印生物ー地」がキーカードになります。

 

 

 

もし余裕があれば「サンダードラゴン」3枚「双頭の雷龍」2枚もあればより効率があがります。

カードBoxは第4弾の「カオス・コンプライアンス」をメインにマスターオブオージーデッキに必要な「マスターオブOZ」と「デス・カンガルー」と「ビッグ・コアラ」あと余裕があれば「融合賢者」をメインに集めます。
流れはジェムを貯めて「マスターオブOZ」が出るまで引いて「マスターオブOZ」が引けたらBoxをリセットして「マスターオブOZ」と「デス・カンガルー」と「ビッグ・コアラ」が3枚ずつを目指します。

 

カードトレーダーからは「融合」と「融合呪印生物ー地」を3枚ずつ目指します。

デッキには同じカードは3枚までしか入れられないので理想は三枚ずつですが足りない時の代用として
「イリュージョンシープ」これは城之内レベル14のレベルアップ報酬。

「心眼の女神」これは闇遊戯レベル23のレベルアップ報酬。

「破壊神ヴァサーゴ」これは海馬レベル23のレベルアップ報酬。

「フュージョンゲート」これは第1弾Box「アルティメット・ライジング」のURカード。

デッキは「融合」をメインに「融合賢者」や「フュージョンゲート」の魔法カードを計5枚
「デス・カンガルー」「ビッグ・コアラ」をメインに「融合呪印生物ー地」や「イリュージョンシープ」「心眼の女神」「破壊神ヴァサーゴ」の代用カード含めたモンスターカード計15枚
もしくは「サンダードラゴン」3枚を加えたモンスターカード計15枚
エキストラデッキは「マスターオブOZ」3枚プラス「サンダードラゴン」を入れてる人は「双頭の雷龍」2枚の計5枚

いきなり全てをそろえることは難しいので少しずつ理想のバランスに近づけていきましょう。

 

 

 

 

このデッキはスキルの「バランス」を使い初期手札に融合系の魔法カードを手に入れ融合していくデッキになります。
20枚デッキに魔法カードを5枚にする事によって初期手札4枚に必ず1枚は融合系の魔法カードがきます。

あとはオートボタンを押すだけで3000〜4000スコアくらいで勝利します。
忙しい人でも少しの間で鍵を集められるのでオススメのデッキになります。

Sponsored Link



関連記事

遊戯王デュエルリンクス スコーピオンデッキ スキル集め スキル不要

「ケロベロスハイスコアデッキ」ができるようになれば次はスキル集めの「ミレニアムスコーピオンデッキ」の

記事を読む

遊戯王デュエル ケロベロスハイスコアデッキ

初期段階の人や周回のしやすいレジェンドデュエリストの周回に適した「ケロベロスデッキ」の紹介をしていき

記事を読む

遊戯王デュエルリンクス ゲームの始め方 スキル集め方

遊戯王DuelLinksを始めたばかりの人向けにデッキの紹介と進め方がメインです。 まずスキル

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link



ENEOSウイング シャワー 中国 山口 広島

ENEOSウイング シャワー 中国地方の山口、広島をまとめています。

ENEOSウイング シャワー 九州

九州にあるENEOSウイングでシャワーのあるスタンドをまとめています。

意外なものが調理器具に

みかんの入ってるネットやペットボトルなど一度使ったものを再利用して調理

フォローマティックXY レポート 1ヶ月目

フォロマティクXYを使ってみた感想です。 https://www

高速道路誤進入 ナビアプリ

ナビアプリで誤誘導された若年層の歩行者や自転車などが高速道路に誤って進

→もっと見る

PAGE TOP ↑