カットインの天才アリエン・ロッベン

カットインの天才「アリエン・ロッベン」

アリエン・ロッベンという選手をご存知でしょうか。

元オランダ代表であり、フローニンゲン・PSV・チェルシー・レアルマドリード・バイエルンミュンヘンで活躍しました。

アリエン・ロッベンと聞いて、カットインのプレーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

アリエン・ロッベンのカットインは、わかっていても止められない圧巻のドリブルでした。

そこで、カットインの天才アリエン・ロッベンのプレーを振り返っていきましょう。

カットインの天才アリエン・ロッベン

こちらの動画では、ロッベンのカットインからのシュートシーンを見られます。

動画を見るとわかりますが、ロッベンのカットインはキレとスピード、角度など、まさにカットインのお手本ともいえるプレーです。

現役選手にも数多くのカットインが得意な選手がいますが、ロッベンほど止められない選手はいないでしょう。

それだけロッベンのカットインは完成されていました。

そんなロッベンのプレースタイルについて、解説していきます。

①圧倒的なドリブル技術

ロッベンの最大の特徴といえば、圧倒的なキレとスピードによるドリブルだったでしょう。

右サイドからドリブルでどんどん仕掛け、シュートやパスで決定的なチャンスを作り出す姿は、とても魅力的でした。

ロッベンのドリブルは、キレやスピードがありながらも、足元にコントロールされており、相手が飛び込んできた瞬間に交わせる技術ももちあわせています。

②カットインからのシュート

先程お伝えしましたが、ロッベンの武器といえばカットインならのシュートです。

ロッベンのカットインはまったく軸がぶれず、カットインをするときの角度が急で、足を出してきたDFが届かない位置へ運んでいます。

さらにそのコントロールを、トップスピードで行ってしまうので、DFはわかっていても止められないのでしょう。

③ミドルシュート

ロッベンはシュート力があり、ミドルシュートにも定評がありました。

決して圧倒的な得点力があったわけではありませんが、コンスタントに得点は狙える選手だったでしょう。

オランダ代表時代は、「ロッベンのワンプレーで試合が決まる」と言われていたほど、オランダ代表はロッベン頼みのところも多々あったでしょう。

それだけ信頼されていた選手であり、圧倒的な実力の持ち主でした。

こちらの記事を担当して頂いたのは「Croud Works」でWEBライターをしているyukito.hさんです。

Twitterなどのサッカー動画からその選手やプレーの魅力を記事にしています。