フェルナンド・レドンドは現役時代どんな選手だったのか

フェルナンド・レドンドの現役時代はどんな選手だったのか

かつてレアルマドリードの「王子様」と評された、フェルナンド・レドンドという選手をご存知でしょうか。

1994-2000年にレアルマドリードに在籍し、165試合に出場してクラブに貢献してきました。

アルゼンチン代表のレジェンドでもあり、左利きのMFとして当時人気のある選手だったでしょう。

そんなフェルナンド・レドンドがどんな選手だったのか気になります。

そこで、レアルマドリードの「王子様」フェルナンド・レドンドのプレーについて紹介していきます。

フェルナンド・レドンドは現役時代どんな選手だったのか

こちらの動画では、フェルナンド・レドンドの伝説的なアシストシーンが見られます。

ドリブル中にヒールを使って相手を交わしたプレーは、とても美しく観客を魅了しました。

レアルマドリードでは怪我で出場できないときもあったものの、以下のタイトル獲得に貢献しています。

  • リーガエスパニョーラ:2回優勝
  • UEFAチャンピオンズリーグ:2回優勝
  • インターコンチネンタルカップ:1回優勝

また、1999-2000シーズンのチャンピオンズリーグでは、キャプテンとしてチームを牽引していました。

次の章からは、フェルナンド・レドンドのプレースタイルを詳しく解説していきます。

プレースタイル①高いパスセンス

フェルナンド・レドンドはパスセンスに優れた選手でした。

左足から繰り出させる美しいパスでゲームをコントロールし、リズムを刻んでいきます。

パスを捌きながらチームを支える姿は、当時のMFの鏡だったでしょう。

プレースタイル②ボール奪取力

フェルナンド・レドンドは攻撃だけではなく、守備にも優れていた選手でした。

MFでボール奪取能力に優れ、相手の攻撃を早めにシャットアウトします。

繊細なボールタッチで攻撃にリズムを刻んだかと思えば、激しいタックルで攻撃の芽を潰します。

その姿はレアルのレジェンドでもあるマケレレにも似ているものがありました。

プレースタイル③ドリブル突破

さらに、フェルナンド・レドンドはドリブル技術にも優れた選手で、大胆に中央を切り裂いていくドリブルはとても魅力的でした。

ディフェンシブMFではありましたが、こうしたドリブル突破にも優れた選手であり、またパスや守備能力も高く、まさになんでもできる選手です。

華麗さとパワフルさの両方を兼ね備えた、当時は世界最高のMFだったでしょう。

こちらの記事を担当して頂いたのは「Croud Works」でWEBライターをしているyukito.hさんです。Twitterなどのサッカー動画からその選手やプレーの魅力を記事にしています。