ズラタン・イブラヒモビッチの魅惑のテクニック

ズラタン・イブラヒモビッチの魅惑のテクニック

かつて世界最高の選手の1人とも評された、ズラタン・イブラヒモビッチ。

オランダの名門アヤックスでその才能を開花させ、多くの名門チームでプレーしてきました。

身長195cmの体格を活かした力強いプレーが持ち味で、さらにテクニックも持ち合わせていた万能な選手です。

今回は、ズラタン・イブラヒモビッチが魅せる魅惑のテクニックをご紹介していきましょう。

ズラタン・イブラヒモビッチの魅惑のテクニック

https://twitter.com/championsleague/status/1266027700734525442?s=21

こちらの動画では、ズラタン・イブラヒモビッチが魅せるテクニック集が見られます。

ズラタン・イブラヒモビッチは、これまでアヤックス・ユヴェントス・インテル・バルセロナ・ACミラン・パリ・マンチェスターUなど、多くのチームを渡り歩いてきました。

どのチームも欧州屈指のチームばかりで、ズラタン・イブラヒモビッチはどのチームでも存在感を発揮しています。

38歳になった今でも、ACミランの絶対的なエースとして活躍されていますね。

そんなズラタン・イブラヒモビッチの魅力を挙げるなら、以下3つの能力があるでしょう。

①強烈なシュート力

②フィジカルを活かしたボールキープ

③柔らかいボールテクニック

①強烈なシュート力

ズラタン・イブラヒモビッチのシュートは、まるで大砲かのように鋭く力強いです。

これまで多くの得点を決めてきていますが、ズラタン・イブラヒモビッチらしい迫力あるシュートが多いですね。

また、強烈なシュートだけでなく、アクロバティックなシュートも得意としています。

高さを活かしたヘディングも魅力的であり、どの位置からでもゴールが狙える最高のストライカーでしょう。

②フィジカルを活かしたボールキープ

ズラタン・イブラヒモビッチは、身長195cm・体重95kgと圧倒的な体格を持っています。

そのフィジカルを活かしたプレーが得意で、最前線でボールをキープし、攻撃を活性化させるプレーも魅力的です。

DFからすれば、ズラタン・イブラヒモビッチがボールキープすると、体が大きくボールが隠れてしまうのではないでしょうか。

そのため、ズラタン・イブラヒモビッチのリズムでボールコントロールができるのかもしれません。

③柔らかいボールテクニック

上記の力強さに合わせて、柔らかいボールテクニックも魅力的です。

強さだけでなく、柔軟なプレーにも対応でき、優れたテクニックを持っています。

トリッキーなプレーも得意で、DFからすれば何をしてくるのかわからない選手ですね。

大きい選手ですが、自分の体を扱う能力に優れており、だからこそ38歳になった今でも活躍できているのではないでしょうか。

こちらの記事を担当して頂いたのは「Croud Works」でWEBライターをしているyukito.hさんです。Twitterなどのサッカー動画からその選手やプレーの魅力を記事にしています。