*

【フラムFC】3つの素晴らしい技術が凝縮されたゴールシーン

公開日: : 最終更新日:2020/07/15 ごちゃまぜ

イングランド・プレミアリーグに所属するフラムFC。

日本では「フルハム」「フルアム」と呼ばれることも多いですね。

1879年に創立されて以降、同じくロンドンのチェルシーとは因縁の中とされています。

今回は、2010年にフラムFCが魅せた3つの素晴らしい技術が凝縮されたゴールシーンにスポットを当ててご紹介していきましょう。

【フラムFC】3つの素晴らしい技術が凝縮されたゴールシーン

https://twitter.com/europaleague/status/1255469473777278976?s=21

こちらの動画では、フラムFCが2010年に魅せた、3つの素晴らしい技術が凝縮されたゴールシーンが見られます。

多くの選手が絡み、連動したプレーはとても美しいですね。

正確な縦パス、そのパスを受けた選手のワンタッチでの落とし、その後のロブパスと、どのプレーも正確で無駄がない攻撃でした。

そして、1番注目してほしいのが、ゴールを決めた選手です。

この選手のプレーには、3つの素晴らしい技術が凝縮されていました。

①2列目からの飛び出し

ゴールを決めた選手は、最初からスペースにいたわけではありません。

攻撃がスタートしたときは、2列目にポジションをとっており、その後攻撃の展開に合わせて2列目から飛び出す判断をしました。

2列目からの飛び出しはDFは対応が難しく、オフサイドトラップをかけることもなかなかできません。

そのため、攻撃に厚みを出したいときには、必ず必要な能力です。

②トラップ&コントロール

まずワンタッチ目のアウトサイドのトラップは、まさに芸術的なトラップでした。

若干マイナス気味にきたボールをアウトサイドで自分の前に正確にコントロールし、さらにツータッチ目で相手の逆をとってしまいます。

このツータッチ目も、相手の状況やスペースを把握していなければできないプレーです。

ゴールを決めた選手は、スペースへ動き出したときに、すでにDFとスペースを確認していたからこそあれだけスムーズにプレーできたのでしょう。

③シュート

そして、最後のシュートはGKのタイミングをずらすために、わざとバウンドさせて打ったシュートでした。

GKは前に飛び出してきましたが、シュートする瞬間には必ず体勢を低くして飛び込んできます。

そこで1度バウンドさせてボールを浮かすことで、GKのタイミングをずらし、ゴールが決まりやすくなるのです。

細かい技術ですが、このゴールには最高のプレーが凝縮されており、ぜひ参考にしてほしい技術ばかりでしたね。

こちらの記事を担当して頂いたのは「Croud Works」でWEBライターをしているyukito.hさんです。Twitterなどのサッカー動画からその選手やプレーの魅力を記事にしています。

関連記事

トラック ガス欠 エア抜き UD

もしガス欠をおこした場合はまず「JAF」を呼ぶなどの対処を第1に心がけましょう。   今

記事を読む

no image

イタリア最高のストライカー フィリポ・インザーギの神髄

フィリポ・インザーギはイタリア最高のストライカー フィリポ・インザーギという選手をご存知でし

記事を読む

551の蓬莱で人気の豚まんが家出たべられるようになる

大阪へ立ち寄った際に喜ばれるお土産の1つとして有名な「551の豚まん」1つ1つが手作りで作られてお

記事を読む

no image

FCゼニト(ロシア)が魅せた芸術的な2ゴールを振り返ろう

FCゼニト(ロシア)が魅せた芸術的な2ゴールを振り返ろう FCゼニトとは、ロシア・サンクトペ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オランダ最高のストライカー ファン・ニステルローイはどんな選手?

オランダ最高のストライカー ファン・ニステルローイはどんな選手だった

ロレンツォ・インシーニェはナポリの「地元のアイドル」

ロレンツォ・インシーニェはナポリの「地元のアイドル」 ロレンツ

足元の技術に優れたCBヤン・フェルトンゲン

足元の技術に優れたCBヤン・フェルトンゲン プレミアのトップク

現代サッカーのファンタジスタ メスト・エジルとは

現代サッカーのファンタジスタ メスト・エジルとは プレミアのビ

テクニックのあるSBパトリス・エブラを振り返ろう

テクニックのあるSBパトリス・エブラを振り返ろう 2004-2

→もっと見る

PAGE TOP ↑