ブラッククローバー ページ123 感想とあらすじ

前回までの流れ

 

「悪魔の力」を使うアスタと「禁術の後遺症」が残っているネロ改めセクレは白夜の魔眼との闘いの全責任を魔法議会から押し付けられ裁判にかけられるのだがそこへ乱入してきたのは黒の暴牛のメンバー達

 

 

 

更に現れた紅蓮の獅子王団長フエゴレオン、銀翼の大鷲団長ノゼル

 

2人から魔法帝からの悪魔の力について調べる任務が伝えられる

ページ123のあらすじ

 

セクレの回想シーンから始まる。

 

王国一の魔力を持ち四つ葉のグリモワールに選ばれたルミエルと同じくエルフの長であり四つ葉のグリモワールに選ばれたリヒト

 

2人は対等な友人として仲を深めてゆきルミエルの妹とリヒトが結婚式が行われる日2人は悪魔にはめられる・・

 

 

四つ葉のグリモワールの持ち主が深い絶望に襲われた時にグリモワールは五つ葉へ変化して別の世界の悪魔が体と力がそのままでこちらの世界へ出現することができる

 

 

魔神に変わったリヒトをルミエルが止める

 

 

魔石の力を使い悪魔を封印するセクレ

 

 ルミエルは石造になり長い眠りにつく

 

 

アスタとユノの赤ちゃんのシーンが流れ終わる

心に残ったシーン

オープニングでネロが暴牛のローブを着てるのが似合ってました。

 

 

今後の期待やまとめ

 

 

今回はセクレがルミエル王子と出会い

 

リヒトたちの結婚式に起きた悲劇

 

ルミエルが石造になり眠りにつきセクレは鳥に変化する

 

 

今までのまとめの様で見易かったです。

 

次回は鳥に変化したセクレがアスタと出会い戻るまでが描かれるじゃないかと期待しています。