*

ちはやふる3 第二十一首 感想とあらすじ

公開日: : 最終更新日:2020/03/11 ちはやふる3

前回までの流れ

名人戦、クイーン戦共に激闘を制し防衛を果たした周防名人と若宮クイーン

結果は5連覇の周防名人と3連覇の若宮クイーンであるが、今回の名人、クイーン戦を通して迷いや焦りなどを通して人間味や成長が伝わる

 

 

 

来年の名人、クイーン戦に向けみんなの前で決意表明する者や内に秘める者など反応はそれぞれ

 

おまけでもう1年と延長を宣言する名人

名人のインタビュー中に宣戦布告をした新

名人の進退に何も出来ず悩む太一

来年のクイーン戦が楽しみとインタビューに応える詩暢

詩暢のインタビューを受け取る千早

猪熊さんのバトンを受け取る理音

 

 

 

 

第二十一首のあらすじ

ホテルで1人泊まる太一

「名人を引き止めるのは新ではなく原田先生の弟子の自分でもよかったんではないか」

「新と対戦して気負わずにいられるか?」

など葛藤する太一

 

 

 

舞台は変わり東京の新春カルタ大会

千早たち新三年生にとって最後の一年が始まる

ラスト1年に気合を入れる3年生

優勝してB級になり新部長を狙う筑波

同じく優勝してA級を目指すヒョロ君

 

 

 舞台は高松宮杯

みんなに注目されている新

太一を見つけた新。千早を探すが「俺だけだよ残ったの、よろしく」とすれ違う太一

 

 

 

実は新部長になってたヒョロ君・・・

 

 

ちょっとウザそうなタマル妹と対戦するヒョロ君、タマル兄と対戦する千早

 

 

 

周防名人が高松宮杯に現れる

ベスト8に4人残った南雲会

ついに太一対新の組み合わせ緊張する2人だが新の配列を見て緊張をほぐす太一

 

 

1枚目からもめる太一と新

1枚1枚に執着する原田先生の攻めカルタを見せる太一

新の本気の雰囲気を感じる太一

 

 

 「新  秋に千早に何か言った?」と語りかけ「ちは」の札を送る太一

手に入れたいものほど手離し決意を固める太一

 

 

新春カルタ大会B級はタマル妹の優勝で落ち込むヒョロ君・・・

 

A級は千早の優勝で幕を閉じる

 

 

周防名人と同じ新幹線で帰る太一

高松宮杯は新の準優勝、太一の4位入賞で幕を閉じる

心に残ったシーン

初っ端からきましたが太一の自問自答や悩む姿は共感しやすいのと、描写や内容が良くて凄く伝わってきます。

個人的にちはやふるで好きな場面は太一の葛藤シーンなのでついつい応援に力が入ってしまいます。

 

 

B級で優勝できず落ち込むヒョロ君に後輩からの「ヒョロ先輩に強さとか求めてないですよ」とフォローを入れる後輩

強い人達のレベルが高いとこばかりではなく各個人の悩みが上手く伝わるのでいろんな人に共感を得やすいんではないかと思います。

 

 

 

 

今後の期待やまとめ

周防名人との距離が縮まり「相手にミスをさせるカルタ」など太一に頑張って欲しいな

 

いつも隣に居たはずの太一が抜け駆けをすることで千早と太一の間に距離ができてき始めたので、千早にはまっと太一を意識してほしいです。

 

 

ヒョロ君も好きですが机くんやかなちゃんの試合や成長も観たいな〜とヒョロ君のパートを観ながら感じました。

関連記事

ちはやふる3 第二十首 感想とあらすじ

前回までの流れ 周防名人VS原田先生は原田先生の2勝1敗で勝負を懸けた第4戦目

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

世界最高のレジスタ「アンドレア・ピルロ」のプレーを振り返ろう

世界最高のレジスタ「アンドレア・ピルロ」のプレーを振り返ろう

イグアインの魅力を三つの視点で解説

元アルゼンチン代表で、現在イタリアのユベントスでプレーしているイグア

フィルミーノのテクニックはなぜ最高なのか??

ブラジル代表であり、プレミアリーグ・リバプールに所属するロベルト・フ

デル・ピエロが魅せた相手を翻弄したシュート

デル・ピエロが魅せた相手を翻弄したシュート イタリアのファンタ

マルセロの圧倒的なテクニック

マルセロの圧倒的なテクニック ブラジル代表であり、スペインの名

→もっと見る

PAGE TOP ↑