デビッド・ベッカム〜世界最高のキックを振り返ろう〜

デビッド・ベッカム〜世界最高のキックを振り返ろう〜

歴代最高のキックセンスの持ち主はと聞かれて、「デビッド・ベッカム」と答える方は多いのではないでしょうか。

デビッド・ベッカムはそれだけキックのセンスが抜群で、現役時代には多くのキックで決定的なプレーを演出してきました。

フリーキック・コーナーキック・クロス・ロブパス・シュートなど、キックに関するプレーはまさに世界最高の選手だったでしょう。

そこで、デビッド・ベッカムの世界最高のキック技術を振り返っていきましょう。

デビッド・ベッカムの世界最高のキックを振り返ろう

こちらの動画では、ベッカムの美しいキック集が見られます。

動画を見ていただくとわかりますが、ベッカムのキックは別次元で、どの位置からでも決定的なチャンスを作り出せる選手でした。

バック回転をかけた柔らかいボールはもちろん、鋭いカーブがかかったクロスやセットプレーも魅力的でしたね。

デビッド・ベッカムのプレースタイル

ここまでベッカムのキックの魅力について紹介しましたが、ベッカムがどんな選手でどんな能力に優れた選手だったのか気になりますね。

ここからは、ベッカムのプレースタイルについて詳しく解説していきましょう。

①キック精度を活かしたパス技術

ベッカムはキック精度を活かしたパスで、チャンスを作り出せる選手でした。

サイドからの鋭いクロスボールや、後方からの一発のロングパスで局面を打開してしまいます。

視野が広い選手のため、スルーパスやサイドチェンジなどもできる選手でした。

②豊富なスタミナ

キックのイメージが強いベッカムべすが、実は豊富なスタミナを活かして、ハードーワークができる選手でした。

決してフィジカル能力に長けていたわけではあやませんが、チームのために貢献できるタイプだったでしょう。

そのため、レアル・マドリード時代やパリ・サンジェルマン時代は、キックとスタミナを生かして中央のポジションでプレーする機会も増えています。

③基本的なサッカー技術

キックのほかに突出している技術があったわけではありませんが、基本的な止める・蹴る・運ぶなどのサッカーの基礎技術の能力は兼ね備えていました。

どちらかといえば、派手な選手というよりは玄人好みのプレースタイルだったかもしません。

このように、ベッカムは基本的な技術とスタミナ、そして世界最高のキックで他の選手とは違ったプレーができる選手でした。

こちらの記事を担当して頂いたのは「Croud Works」でWEBライターをしているyukito.hさんです。

Twitterなどのサッカー動画からその選手やプレーの魅力を記事にしています。