元オランダ代表ヤン・フンテラールを振り返ろう

元オランダ代表ヤン・フンテラールを振り返ろう

元オランダ代表のヤン・フンテラールという選手をご存知でしょうか。

かつてアヤックス・レアルマドリード・ミラン・シャルケで活躍されたFW。

名将ファン・ハールからは、「ペナルティエリアの中で文句なしに世界最高の選手」と評されていました。

現在36歳、クラブにも所属していない状況が続いていますが、そんなヤン・フンテラールを振り返っていきます。

元オランダ代表ヤン・フンテラールを振り返ろう

こちらでは、ヤン・フンテラールの美しいボレーシュートが見られます。

ヤン・フンテラールは動画のように、ゴール前でこそ力を発揮する選手でした。

ペナルティエリアの中で決定的な仕事ができる選手であり、そういった意味では元イタリア代表のフィリポ・インザーギと似ていたかもしれません。

2006年には、『オランダ年間最優秀選手』を受賞しました。

2006年のU-21欧州選手権ではオランダ代表の一員として出場し、得点王を記録しています。

また、2005-2006シーズンと2007ー2008シーズンではエールディヴィジの得点王にも輝きました。

そんなヤン・フンテラールのプレースタイルについて紹介していきます。

①ストライカーとしての得点力

https://youtu.be/j9SSMlqHMZs

ヤン・フンテラールはストライカーとして必須の、得点力に優れている選手でした。

アヤックス時代には76ゴールを決め、レアルマドリードとミランでは結果は出せなかったものの、シャルケで再び復活し、82ゴールを記録しています。

力強いシュートはもちろん、高さを生かしたヘディングも強烈で、素晴らしいストライカーです。

②身体能力の高さ

フンテラールは身体能力に優れた選手であり、体格を活かしたポストプレーも得意としていました。

身長186cm・体重80kgで空中戦にも強く、こういった選手が前線にいるだけで、攻撃の幅が広がりますね。

③足元のテクニック

ヤン・フンテラールはフィジカルの強さだけでなく、足元のテクニックにも優れた選手でした。

上記でポストプレーが上手いとお伝えしましたが、テクニックとフィジカル能力があったからこそ、違いを作り出せていたのでしょうね。

とくにシャルケ時代は経験も積んできたからか、FWとしでの存在感がすごく、DFからしても怖い選手だったのではないでしょうか。

こちらの記事を担当して頂いたのは「Croud Works」でWEBライターをしているyukito.hさんです。

Twitterなどのサッカー動画からその選手やプレーの魅力を記事にしています。