ジュニーニョ・ペルナンブカーノのスーパーフリーキック

ジュニーニョ・ペルナンブカーノのスーパーフリーキック

ジュニーニョ・ペルナンブカーノという選手をご存知でしょうか。

1999-2006年でブラジル代表として活躍され、2001-2009年には、フランスの名門リヨンで多くのゴールを決めてきました。

ジュニーニョ・ペルナンブカーノは、同じくフリーキックの名手であるアンドレア・ピルロと並び、歴代でもフリーキックの技術が突出していたでしょう。

そんなジュニーニョ・ペルナンブカーノのプレーを振り返っていきましょう。

ジュニーニョ・ペルナンブカーノのスーパーフリーキック

https://twitter.com/ucljapan/status/1253909601881227264?s=21

こちらの動画では、ジュニーニョ・ペルナンブカーノのフリーキック集が見られます。

動画を見ていただくとわかりますが、ジュニーニョ・ペルナンブカーノのフリーキックはボールの変化が凄まじく、鋭いボールが特徴的です。

「無回転シュート」とも言われますが、回転のかからないボールを蹴り、GKにコースを読ませないシュート技術に長けていました。

そんなジュニーニョ・ペルナンブカーノのプレースタイルを紹介していきます。

①圧倒的なフリーキック精度

https://youtu.be/Pzwa4N_cyss

先程もお伝えしましたが、ジュニーニョ・ペルナンブカーノのフリーキックの精度に突出していました。

無回転のブレ球を一番の武器としながらも、さまざまな変化を加えるフリーキックを得意としています。

その威力は凄まじく、30m以上離れた位置からフリーキックを決めたこともあります。

「魔法の右足」とも評され、リオネル・メッシからは「世界一のフリーキッカー」と絶賛されていました。

②チャンスメイク力

ジュニーニョ・ペルナンブカーノはフリーキックだけでなく、チャンスメイク力にも優れていました。

同じくブラジルのロナウジーニョやカカほどの華はなかったものの、持ち前のキックセンスを活かしたパスは素晴らしかったですね。

当時強豪であったリヨンの中心選手としても活躍され、チャンスを作り出していました。

③シュート技術

ジュニーニョ・ペルナンブカーノは流れの中からのシュート技術にも優れていました。

やはりあれだけのキック精度を持つ選手のため、キックであればどのプレーもセンスが抜群ですね。

リヨン時代には248試合に出場し、75ゴールを記録しています。

他のチームでは突出した得点力ではなかったものの、MFとしては得点能力が高かったことがわかります。

こちらの記事を担当して頂いたのは「Croud Works」でWEBライターをしているyukito.hさんです。

Twitterなどのサッカー動画からその選手やプレーの魅力を記事にしています。