メキシコのストライカー「ハビエル・エルナンデス」のプレーを振り返ろう

メキシコのストライカー「ハビエル・エルナンデス」のプレーを振り返ろう

メキシコ代表のストライカーである、ハビエル・エルナンデス。

チチャリートとも呼ばれていますが、ハビエル・エルナンデスはメキシコ代表の歴代最多得点記録の保持者です。

かつてはマンチェスターユナイテッド・レアルマドリード・レヴァークーゼン・セビージャなどで活躍され、現在はロサンゼルス・ギャラクシーでプレーしています。

今回は、そんなハビエル・エルナンデスのプレーを振り返っていきましょう。

メキシコのストライカー「ハビエル・エルナンデス」のプレーを振り返ろう

こちらの動画では、ハビエル・エルナンデスのプレー集が見られます。

ハビエル・エルナンデスは生粋のゴールハンターであり、これまで多くの得点を記録してきました。

オフザボールの動きに優れ、ゴール前でシュートを決める技術に長けています。

そのため、「古典的なストライカー」とも評されています。

そんなハビエル・エルナンデスの魅力について、詳しく解説していきます。

①高い得点力

ハビエル・エルナンデスは、マンチェスターユナイテッド時代には37得点を記録しました。

当時マンチェスターユナイテッドの監督であったアレックス・ファーガソン監督からは、「スピードがあり、良いバネを持っている。天性のゴールスコアラーだ」と評していました。

ハビエル・エルナンデスはペナルティエリアの中でこそ力を発揮する選手であり、そういった意味では9番が似合う選手だったでしょう。

②オフザボールの動き

ハビエル・エルナンデスはDFライン裏への抜け出しや、ゴール前で素早く動き直してセンタリングシュートをするプレーを得意としていました。

FWはオフザボールの動きが必ず必要であり、スペースのないゴール前でどれだけシュートスペースを作り出せるのかが大事です。

ハビエル・エルナンデスはフリーでシュートを打つシーンがよく見られますが、それだけマークを外す動きに優れているということでしょう。

③空中戦の強さ

ハビエル・エルナンデスは身長が175cmと決して大きくないものの、空中戦の強さがある選手でした。

ハビエル・エルナンデスは全身のバネをうまく使ったジャンプ力に優れてます。

自分の体を扱う能力に長けており、その能力が空中戦の強さにも表れているのでしょう。

こちらの記事を担当して頂いたのは「Croud Works」でWEBライターをしているyukito.hさんです。Twitterなどのサッカー動画からその選手やプレーの魅力を記事にしています。