韓国の英雄パク・チソンのプレーを振り返ろう!

韓国の英雄パク・チソンのプレーを振り返ろう!

韓国代表として活躍したパク・チソン。

かつてはマンチェスターユナイテッドでプレーし、アジアの中でトップレベルの選手と評されていました。

アジア人として初のUEFAチャンピオンズリーグのトロフィーを手に入れ、さらにチャンピオンズリーグ決勝でもプレーしています。

そんな韓国、アジアの代表出会ったパク・チソンのプレーを振り返っていきましょう。

韓国の英雄パク・チソンのプレーを振り返ろう!

https://twitter.com/ucljapan/status/1263017616823681024?s=21

こちらの動画では、パク・チソンらしいゴールシーンが見られます。

パク・チソンはアジア人らしく運動量とスタミナに優れた選手で、マンチェスターユナイテッド時代もそのスタミナを武器にプレーしていました。

かつてマンチェスターユナイテッドの監督であったファーガソン氏からは、「プレースタイルが被らない選手で、今のマンチェスターユナイテッドに必要不可欠な選手」と高い評価をされています。

ゴール前へのランニングを怠らず、守備にも積極的に参加するパク・チソンは、チームへの貢献度が高い選手だったでしょう。

そんなパク・チソンのプレーを詳しく解説していきます。

①無尽蔵なスタミナ

やはりパク・チソンを語る上で、無尽蔵なスタミナは欠かせないでしょう。

パク・チソン自身も、自分の武器はスタミナだと語っていました。

無尽蔵なスタミナを活かしたフリーランニングや守備への貢献、2列目からの飛び出しなどで、チームを陰ながら支えられる選手です。

マンチェスターユナイテッドでなぜ重宝されたかというと、チームのために走り、チームの誰よりも動く選手だったからでしょう。

②足元のテクニック

また、パク・チソンはただ走れるだけの選手だったわけではありません。

パク・チソンは基本的なサッカーの技術にも優れていた選手であり、足元のテクニックにも優れていました。

ワールドカップやチャンピオンズリーグでも貴重なゴールを決めていますし、それだけ技術面にも優れた選手だったということでしょう。

③チームへの貢献度

パク・チソンはとにかくチームのためにプレーする選手で、攻守どちらの貢献度も高い選手でした。

チームがどんなことを求め、何を要求しているのかを素早く理解し、素早く実行に移します。

パク・チソンのような選手は世界的にみて決して多くなく、貴重な選手だったでしょう。

こちらの記事を担当して頂いたのは「Croud Works」でWEBライターをしているyukito.hさんです。Twitterなどのサッカー動画からその選手やプレーの魅力を記事にしています。