世界最高のCBセルヒオ・ラモスの魅力とは

世界最高のCBセルヒオ・ラモスの魅力とは

レアルマドリードに所属し、何年もの間世界最高のCBに君臨してきたセルヒオ・ラモス。

2005年にレアルマドリードに在籍して以降、2020年現在まで移籍することなくレアルの選手としてプレーしています。

同じく2005年からはスペイン代表でもプレーし、2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会では優勝に大きく貢献しました。

そんな世界最高のCBセルヒオ・ラモスのプレーについて振り返っていきましょう。

世界最高のCBセルヒオ・ラモスの魅力とは

こちらの動画では、セルヒオ・ラモスの魅力であるセットプレーからのヘディングシュートが見れれます。

セルヒオ・ラモスはCBながら攻撃力もある選手で、セットプレーでは力強いヘディングと高いジャンプ力を活かして得点も決めてきました。

もちろんCBとしての能力も最高で、スピード・フィジカル・空中戦・ヘディング・予測・タックル・戦術理解度・カバーリングなど、CBとして必要な能力を全て兼ね備えている選手です。

そんなセルヒオ・ラモスのプレースタイルを詳しく解説していきます。

①圧倒的なスピードとフィジカル

https://youtu.be/6RIhreikrvU

セルヒオ・ラモスはスピードにも優れ、フィジカルにも優れている選手です。

フィジカルに自信がある選手には、割とスピードに難がある選手も多いのですが、セルヒオ・ラモスはスピードある相手の対応もできます。

対人の強さも素晴らしく、相手のFWを決して自由にプレーさせません。

②予測力、戦術理解度

セルヒオ・ラモスは身体能力だけでなく、頭脳的なプレーもできる選手です。

予測力に優れ、ピンチになりそうな場面で相手の攻撃をシャットアウトします。

こうした予測は常に冷静にプレーしなければ感じられないもので、それだけセルヒオ・ラモスは冷静にプレーできる選手だったのでしょう。

また、戦術理解度にも優れていました。

チームが何を求めているのかをしっかりと理解し、後ろからチームを支えています。

③攻撃参加

セルヒオ・ラモスはCBですが、攻撃参加に優れている選手です。

かつてはSBでプレーしたこともあり、持ち前の攻撃力を発揮していました。

スピードやフィジカル能力に長けているため、ゴール前まで走るスピードも速く、ゴール前の競り合いにも強いです。

セルヒオ・ラモスの攻撃参加はレアルマドリードやスペイン代表でも良いアクセントとなっていました。

こちらの記事を担当して頂いたのは「Croud Works」でWEBライターをしているyukito.hさんです。Twitterなどのサッカー動画からその選手やプレーの魅力を記事にしています。