ジェルヴィーニョのプレースタイルを解説!

ジェルヴィーニョのプレースタイルを解説!

コートジボワール代表のジェルヴィーニョという選手をご存知でしょうか。

フランスのリールで注目されると、2011-2013年にはプレミア・アーセナルでもプレーしています。

両WGやCFとしてもプレーでき、スピードに乗ったプレーが持ち味。

しかし、その後はなかなか思った活躍ができず、自然と名前を聞くことも少なくなってきました。

しかし、2018年にイタリア・パルマに渡ると、再び輝きのプレーを見せています。

そこで、ジェルヴィーニョのプレースタイルを詳しく解説していきましょう。

ジェルヴィーニョのプレースタイル

こちらの動画では、ジェルヴィーニョの美しいヒールシュートが見られます。

ジェルヴィーニョはスピードを武器にしたプレーが最大の持ち味ですが、動画のようなおしゃれなプレーも得意としていました。

アフリカ特有の身体能力もあり、相手に脅威を与えるウインガーでもあったでしょう。

それでは、ジェルヴィーニョの優れた能力について解説していきます。

①爆発的なスピード

ジェルヴィーニョの最大の武器は、先程もお伝えした爆発的なスピードです。

2013年にサンシーロで、「最大時速35km」という驚異的なスピードを発揮しています。

また、2014年ブラジルW杯では、「最大時速32.3km」を記録しました。

単純なダッシュ力も驚異的ですが、ジェルヴィーニョはドリブル中でもスピードを活かして、積極的に前へ仕掛けていきます。

全盛期はスピードに乗せると手がつけられないほど、すごかったですね。

②強靭なフィジカル

ジェルヴィーニョはスピードだけでなく、フィジカル能力にも優れていました。

身長が179cm、体重が80kgとがっしりしており、体格を活かしたボールキープも魅力的です。

おそらく、ジェルヴィーニョは自分の体を扱う能力に長けているからこそ、よりスピードやフィジカル能力に優れているのでしょう。

③ドリブル突破

上記でお伝えしたスピードとフィジカルを活かして、自ら仕掛けていくプレーを得意としていました。

爆発的なスピードてドリブルを仕掛けると、いとも簡単に相手を振り切ってしまいます。

また、トリッキーなドリブルもでき、バリエーションのあるドリブル突破ができる選手です。

両サイドでプレーすることができ、32歳になった今、再び脚光を浴びることになるのか、注目していきましょう。

こちらの記事を担当して頂いたのは「Croud Works」でWEBライターをしているyukito.hさんです。Twitterなどのサッカー動画からその選手やプレーの魅力を記事にしています。