*

イタリア最高のストライカー フィリポ・インザーギの神髄

公開日: : ごちゃまぜ

フィリポ・インザーギはイタリア最高のストライカー

フィリポ・インザーギという選手をご存知でしょうか。

イタリア代表でプレー、パルマやアタランタ、ユベントスやACミランで活躍されたストライカー。

フィリポ・インザーギといえば、泥臭いゴールが魅力的な選手で、ペナルティエリアの中でこそ力を発揮する選手でした。

今回は、そんなフィリポ・インザーギにスポットを当ててご紹介していきましょう。

フィリポ・インザーギはイタリア最高のストライカー

https://twitter.com/championsleague/status/1260587101617348609?s=21

こちらの動画では、フィリポ・インザーギらしいペナルティエリア内で点で合わせるゴールが見られます。

フィリポ・インザーギは華麗なプレーができるわけでも、魅了されるようなプレーができた訳でもありません。

しかし、泥臭く確実にゴールを決める姿は、まさにストライカーという言葉がぴったりの選手でしたね。

一瞬の動きで相手から抜け出しゴールを決める選手であり、DFからしてもいつ動き出すかわからず、やりづらいFWだったでしょう。

そんなフィリポ・インザーギのプレースタイルを詳しく解説していきましょう。

①DFライン間での動き出し

フィリポ・インザーギは現代のFWのように、中盤に降りてきてチャンスメイクをしたり、パスワークに関わったりする選手ではありませんでした。

常にDFラインで駆け引きをし、絶妙なタイミングで抜け出してゴールを決める、これがフィリポインザーギの形だったのです。

そのため、ライン間でのフィリポ・インザーギの動き出しは、とくにFWの選手は見習うべきプレーでしょう。

②1対1の冷静なフィニッシュ

フィリポ・インザーギは裏へ抜け出してGKとの1対1の場面が非常に多かった選手です。

普通GKとの1対1は、意外と慌ててしまいがちですが、フィリポ・インザーギは常に冷静でGKの動きを読んで確実にゴールを決めます。

こうした決定的なチャンスを確実に決める能力も、フィリポ・インザーギの武器であり、FWとして必要な能力でしょう。

③こぼれ球への反応がはやい

フィリポ・インザーギの特徴として、誰よりもこぼれ球の反応に優れていました。

ペナルティエリアの中でのプレーを得意とするフィリポ・インザーギは、どんな状況でもゴールを狙い続けており、味方がシュートを打てば必ずこぼれ球を狙うために走り出していたのです。

泥臭い動きかもしれませんが、こうした泥臭い動きが、ストライカーとしての才能を開花させたのではないでしょうか。

こちらの記事を担当して頂いたのは「Croud Works」でWEBライターをしているyukito.hさんです。Twitterなどのサッカー動画からその選手やプレーの魅力を記事にしています。

関連記事

no image

【フラムFC】3つの素晴らしい技術が凝縮されたゴールシーン

イングランド・プレミアリーグに所属するフラムFC。 日本では「フルハム」「フルアム」と呼ばれ

記事を読む

551の蓬莱で人気の豚まんが家出たべられるようになる

大阪へ立ち寄った際に喜ばれるお土産の1つとして有名な「551の豚まん」1つ1つが手作りで作られてお

記事を読む

no image

FCゼニト(ロシア)が魅せた芸術的な2ゴールを振り返ろう

FCゼニト(ロシア)が魅せた芸術的な2ゴールを振り返ろう FCゼニトとは、ロシア・サンクトペ

記事を読む

トラック ガス欠 エア抜き UD

もしガス欠をおこした場合はまず「JAF」を呼ぶなどの対処を第1に心がけましょう。   今

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オランダ最高のストライカー ファン・ニステルローイはどんな選手?

オランダ最高のストライカー ファン・ニステルローイはどんな選手だった

ロレンツォ・インシーニェはナポリの「地元のアイドル」

ロレンツォ・インシーニェはナポリの「地元のアイドル」 ロレンツ

足元の技術に優れたCBヤン・フェルトンゲン

足元の技術に優れたCBヤン・フェルトンゲン プレミアのトップク

現代サッカーのファンタジスタ メスト・エジルとは

現代サッカーのファンタジスタ メスト・エジルとは プレミアのビ

テクニックのあるSBパトリス・エブラを振り返ろう

テクニックのあるSBパトリス・エブラを振り返ろう 2004-2

→もっと見る

PAGE TOP ↑