世界最高のレジスタ「アンドレア・ピルロ」のプレーを振り返ろう

世界最高のレジスタ「アンドレア・ピルロ」のプレーを振り返ろう

かつて世界最高のレジスタと評され、数々の美しいプレーを披露してきたアンドレア・ピルロ。

インテルミラン、ユベントスとイタリアの強豪チームを渡り歩き、イタリア代表でも絶対的な存在として活躍されました。

今回は、そんなアンドレア・ピルロのプレーを動画と一緒に振り返っていきましょう。

アンドレア・ピルロのプレーを振り返ろう

こちらの動画では、アンドレア・ピルロが現役時代に魅せてきた、数々の美しいプレーが見られます。

今見ても、ピルロの1つ1つのプレーには魅了されてしまうほど、美しく洗練された技術を披露していましたね。

現在ではレジスタの存在を求めるチームへ減っていく一方で、どこか寂しさも感じます。

次の章では、世界最高のレジスタと評されたピルロは、どんなプレーに優れていた解説していきましょう。

①1本のパスで状況を変えてしまうセンス

ピルロといえば、やはり圧倒的なキックやパスセンスでしょう。

後方の位置からパスでゲームを組み立ててリズムを刻み、かと思えば1本のミドルパスで決定的なチャンスを作り出してしまいます。

その綺麗なフォームから放たれた放物線は、どこに飛んでいくのか思わず息を呑んで見てしまうほど、圧巻でした。

②テクニック・キープ力

ピルロの武器はパスだけではありません。

テクニックやボールキープ力にも優れ、囲まれてもボールを失わない選手でした。

決してプレーにスピードがあるわけではないのですが、相手の逆をとるプレーがうまく、簡単に相手のプレスをいなしてしまいます。

ボールを体の一部であるかのように扱う姿に、魅了された方も多いのではないでしょうか。

③判断力・状況把握力

世界で活躍する司令塔の選手は、判断力と状況把握力が優れている選手がほとんどです。

しかし、ピルロはその中でも判断力と状況把握力が突出していました。

判断力が早いから誰よりも速く動け、状況把握力に優れているため、ここぞというときのタイミングを見逃しません。

サッカーを理解している選手であり、自分が今何をするべきなのかを常にわかっている選手でもありました。

レジスタとして必要な能力を高次元で持ち合わせており、だからこそ現役選手としてのおよそ27年間、世界最高の司令塔・レジスタとして君臨できたのではないでしょうか。

こちらの記事を担当して頂いたのは「Croud Works」でWEBライターをしているyukito.hさんです。Twitterなどのサッカー動画からその選手やプレーの魅力を記事にしています。